JAMProduce ジャムプロデュース VIPER

JAMproduce ジャムプロデュース VIPER

VIPERは呟いた。「エンペラー症候群?」
VIPERは叫んだ。「和風にしよう」
その日、ジャムプロデュースは怒りに打ち震えた。
そこで、ジャムプロデュースはとりあえず裸になった。
そして誰もいなくなってしまった。
VIPERはジャムプロデュースに銃口を向けた。
VIPERは呟いた。「LSI?」
VIPERは意味が解らなかったのでついには笑い出した。
ジャムプロデュースはチャンピョンになった。
ジャムプロデュースはそれを生まれたときから一緒にいたもののように感じ出していた。
ジャムプロデュースとVIPERは幼馴染だった。
ジャムプロデュースは本能に従うことにした。
VIPERは不治の病に倒れる。
ジャムプロデュースはVIPERの写真が取りたくなった。
ある日、ジャムプロデュースは急に姿を消した。
ジャムプロデュースが朝ベッドで目覚めると隣には知らない人が眠っていた。
ある日、JAMProduceは考えるのを・・・辞めた・・・。
映画が大好きだ。
ジャムプロデュースはその場で腕立て伏せを始めた。
JAMProduceは夢がかなった。
VIPERは死んでしまうが、VIPERの思い出は人々の中で生き続けた。
ジャムプロデュースは失恋した。
ジャムプロデュースはVIPERを問い詰めた。小一時間問い詰めた。
ジャムプロデュースはそれをずっと前から知っている、懐かしいもののように感じていた。
ジャムプロデュースは青春を取り戻したいと願った。
ジャムプロデュースは傘を忘れていたことに気が付いた。
タバコを吸うために窓を少し開けた。
ジャムプロデュースは呟いた。「かといって他にやることはない」
ジャムプロデュースは町を徘徊していた。
VIPERはここ最近、VIPERの事で頭が一杯だった。
ジャムプロデュースはVIPERが知らない男の人と手をつないで歩いているのを目撃してしまう。
ジャムプロデュースは今日が地球最後の日である事を知った。
ジャムプロデュースはVIPERが野グソをしているのを偶然目撃してしまう。
ジャムプロデュースが学校(会社)に遅れそうなので、パンをくわえながら走っていた。
ジャムプロデュースがVIPERのパソコンを立上げてみた。
JAMProduceは呟いた。「迷惑です」
そこで、ジャムプロデュースはとりあえず下半身裸になった。
JAMProduceは好きな人に告白した。
ジャムプロデュースはそれを生まれたときから一緒にいたもののように感じ出していた。
ジャムプロデュースとVIPERは幼馴染だった。
「ここでお別れだね。」ジャムプロデュースが寂しそうにそう言うと、VIPERは後ろを振り向き全力疾走した。
JAMProduceは星になった。
ジャムプロデュースは猫を追いかけた。
VIPERはジャムプロデュースが寝ている間に、ジャムプロデュースの瞼を接着剤でとめ、目を開かないようにした。
VIPERは死んでしまうが、VIPERの思い出は人々の中で生き続けた。
JAMProduceは呟いた。「恥ずかしい・・・」
ある日、VIPERの父親が急に亡くなった。
ジャムプロデュースは好きな人に告白した。
ある日、ジャムプロデュースの父親が急に亡くなった。
ジャムプロデュースはVIPERが実の妹だということを知る。
ジャムプロデュースはVIPERの乗っている筈の飛行機が飛び立つのを見届けていた。
ジャムプロデュースはそれが初めての経験だった。
ある日、VIPERは北へ北へと向かっていった。
VIPERは仕事を辞める決心をした。
JAMProduceは断った。
そのままハンドルを切らなかった。
JAMProduceは毎日観たいテレビ番組には、番組ガイドにすべてチェックしていた。
それで、ジャムプロデュースは顔の識別が出来なくなってしまった。
お酒が入ったため必要のないことを沢山話した。思い出すと恥ずかしい。
ある日、VIPERは海外へと飛び立った。
JAMProduceは宝くじに当たった。
ジャムプロデュースは目をつぶった。
ジャムプロデュースはVIPERに一万円札を投げつけると、「これで十分だろう?」と言った。
ジャムプロデュースはVIPERが実の妹だということを知る。
VIPERは死んでしまうが、VIPERの思い出は人々の中で生き続けた。
突然、VIPERはイギリスへ2週間の出張となった。
VIPERは叫んだ。「そんなチャチなもんじゃねぇ!」
ジャムプロデュースとVIPERは幼馴染だった。
それ以来、ジャムプロデュースとVIPERは話をしていない。
ジャムプロデュースは失った青春をこの年でやっと取り戻したことを心から喜んだ。
VIPERはここ最近、リトマス試験機のことで頭が一杯だった。
ジャムプロデュースは暇だったのでスーツに着替えて会社に向かって走っていった。
ジャムプロデュースはVIPERを問い詰めた。小一時間問い詰めた。
ジャムプロデュースが試しにドアノブを捻ってみると、鍵はかかっていないようだった。
VIPERは呟いた。「手錠ある?」
VIPERはメリケンサックをポケットに忍ばせた。
ジャムプロデュースはそれが初めての経験だった。
そこで、ジャムプロデュースはそれを蹴った。
VIPERはメリケンサックをポケットに忍ばせた。
VIPERは頭の中で知り合いと喋る癖がついてしまった。
ある日、VIPERの母親が急に亡くなった。
VIPERは己の無力さに怒りが込み上げてきた。
ジャムプロデュースはVIPERと出会った。
JAMProduceは今日が地球最後の日である事を知った。
ジャムプロデュースは遠くの声を聞こうとした。
ジャムプロデュースはVIPERの乗っている筈の飛行機が飛び立つのを見届けていた。
ジャムプロデュースは失った青春をこの年でやっと取り戻したことを心から喜んだ。
ジャムプロデュースは後ろから名前を呼ばれた。
VIPERは、空にヘリコプターを見つけると満面の笑みと共に手を振った。
「ここでお別れだね。」ジャムプロデュースが寂しそうにそう言うと、VIPERは後ろを振り向き全力疾走した。
VIPERは今までの悪事がすべて明るみに出てしまった。
ジャムプロデュースはシャッターをきった。
ジャムプロデュースはその場で磨きだした。
その日、ジャムプロデュースは拾った1億円をどうするのか考えていた。
ジャムプロデュースは「オーマイガッ!」を連発した。
JAMProduceは今日が地球最後の日である事を知った。
JAMProduceが目覚めると目に病院の天井が入ってきた。
ジャムプロデュースは「いただきまーす」と叫ぶと、それに飛びついた。
ジャムプロデュースはそれをすべて平らげ「ご馳走様」と締めた。
ジャムプロデュースは穴を掘りつづけた。
JAMProduceは銃を手に入れた。
その日から、ジャムプロデュースは次々と人を殺しだした。
VIPERは叫んだ。「奈良橋フリーだろーよッ!」
ジャムプロデュースはVIPERが野グソをしているのを偶然目撃してしまう。
ある日、VIPERは大事そうな文書を拾った。
ジャムプロデュースは事故に合い下半身麻痺となってしまった。
ジャムプロデュースはVIPERを問い詰めた。小一時間問い詰めた。
VIPERは毎朝、忘れる前に夢を書き留めることにした。
VIPERは正しい走り方で全力疾走で逃げてしまった。
突然、VIPERはイギリスへ2週間の出張となった。
VIPERは叫んだ。「奈良橋フリーだろーよッ!」
ジャムプロデュースはその場で腕立て伏せを始めた。
VIPERは飲まずにはいられなかった。
ジャムプロデュースは2度と姿を現すことはなかった。
ジャムプロデュースは暇だったのでスーツに着替えて会社に向かって走っていった。
ジャムプロデュースは超望遠カメラを買うことにした。
ジャムプロデュースはVIPERの部屋に行った。
VIPERは毎朝、忘れる前に夢を書き留めることにした。
ある日、ジャムプロデュースは考えるのを・・・辞めた・・・。
それ以来、ジャムプロデュースとVIPERは話をしていない。
それで、viper5901は顔の識別が出来なくなってしまった。
その日、ジャムプロデュースは怒りに打ち震えた。
ジャムプロデュースはその場で磨きだした。
ジャムプロデュースはVIPERを問い詰めた。小一時間問い詰めた。
そこで、ジャムプロデュースは喜んだ。
VIPERは頭の中で知り合いと喋る癖がついてしまった。
VIPERは叫んだ。「VIPERが大好き」
VIPERは銃を手に入れた。
ジャムプロデュースは猫を追いかけた。
ジャムプロデュースはすべてを投げ出して、夢に向かって走ることを決意した。
VIPERは死んでしまうが、VIPERの思い出は人々の中で生き続けた。
viper5901はグランプリに輝いた。
ジャムプロデュースはそれをすべて平らげ「ご馳走様」と締めた。
JAMProduceはお金を稼ぐ方法をいろいろ考えた。
VIPERは正しい走り方で全力疾走で逃げてしまった。
ある日、VIPERの母親が急に亡くなった。
VIPERは人生の意味を考えてみたが、堂堂巡りに陥ってしまった。
ジャムプロデュースはVIPERと出会った。
ジャムプロデュースは失明してしまった。
ジャムプロデュースはその場で磨きだした。
ジャムプロデュースはそれをすべて平らげ「ご馳走様」と締めた。
VIPER&ジャムプロデュース同時に叫んだ。「あっ!あの時の」
ある日、ジャムプロデュースは歩いていた。
ジャムプロデュースは遠くの声を聞こうとした。
突然、JAMProduceは記憶力がまったく無くなってしまった。
VIPERは意味が解らなかったのでついには笑い出した。
お酒が入ったため必要のないことを沢山話した。思い出すと恥ずかしい。
ある日、JAMProduceは恋人を連れて現れた。
ジャムプロデュースは目をつぶった。
ジャムプロデュースはその日を指折り数えて待っていた。
VIPERは人生の意味を考えてみたが、堂堂巡りに陥ってしまった。
ある日、JAMProduceは夢を諦めた。
VIPERは死んでしまうが、VIPERの思い出は人々の中で生き続けた。
viper5901は叫んだ。「アハッ」
ジャムプロデュースもその恩恵にあやかることにした。
VIPERは人生の意味を考えてみたが、堂堂巡りに陥ってしまった。
JAMProduceは呟いた。「恥ずかしい・・・」
ジャムプロデュースはその場で腕立て伏せを始めた。
ジャムプロデュースはVIPERの部屋が見える部屋に引っ越した。
ジャムプロデュースはVIPERと出会った。
ジャムプロデュースが試しにドアノブを捻ってみると、鍵はかかっていないようだった。
VIPERは宝くじに当たった。
VIPERは部屋にいないようだった。
ジャムプロデュースはだんだんとそれは目に付くようになっり、無視出来ないほどに大きなものになっていった。
VIPERはメリケンサックをポケットに忍ばせた。
ある日、ジャムプロデュースはレベルが上がった。
ジャムプロデュースは目をつぶった。
ジャムプロデュースとVIPERは一緒にカレーを作った。
ジャムプロデュースは叫んだ。「汗でビチョビチョだぁ」
JAMProduceは後ろから名前を呼ばれた。
扱いになれとかなきゃ・・・
ジャムプロデュースはグランプリに輝いた。
viper5901は叫んだ。「とりあえず、仲間が7人ぐらいほしいな」
そこで、ジャムプロデュースはそれを投げた。
そこで、ジャムプロデュースはそれを蹴った。
VIPERは叫んだ。「金で解決しようと言うんですか?」
VIPERはジャムプロデュースにとって、あまりに論理的過ぎた。
ジャムプロデュースはそれをすべて平らげ「ご馳走様」と締めた。
映画が大好きだ。
JAMProduceは呟いた。「あぁ、懐かしい匂いがする。」
ジャムプロデュースは叫んだ。「アハッ」
しかし、使い方が判らなかった。
VIPERはジャムプロデュースに銃口を向けた。
VIPERはここ最近、viper5901の事で頭が一杯だった。
VIPERは今日が地球最後の日である事を知った。
ジャムプロデュースはそれがあることは知っていたが、意識しないようにしていた。
ジャムプロデュースは昨日の出来事を反芻した。
ジャムプロデュースは町を徘徊していた。
ジャムプロデュースがVIPERのパソコンを立上げてみた。
ジャムプロデュースは呟いた。「ツンドラ気候?」
ジャムプロデュースは暇だったのでスーツに着替えて会社に向かって走っていった。
VIPERは飛行機を見かけるとつい追いかけてしまう。
ある日、VIPERは一人で死んだ振りをしていた。
ジャムプロデュースはその日を指折り数えて待っていた。
viper5901は友達が出来なかった。
それで、VIPERは顔の識別が出来なくなってしまった。
viper5901は叫んだ。「いっちゃったね。」
JAMProduceは叫んだ。「金で解決しようと言うんですか?」
ジャムプロデュースはVIPERの乗っている筈の飛行機が飛び立つのを見届けていた。
ジャムプロデュースもその恩恵にあやかることにした。
JAMProduceは極端に人と話す機会が減ってしまった。
ジャムプロデュースはVIPERの写真が取りたくなった。
VIPERはメリケンサックをポケットに忍ばせた。
VIPERはジャムプロデュースに銃口を向けた。
ジャムプロデュースはVIPERの写真が取りたくなった。
[PR]
by jamproduce | 2011-04-14 01:59 | jamproduce

JAMProduce ジャムプロデュース VIPER


by jamproduce

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
viper
jamproduce
未分類

以前の記事

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

viper 全商品 8月より..
at 2011-07-24 03:49
viper 全商品 8月より..
at 2011-07-24 03:44
jamproduce ワイル..
at 2011-05-08 04:01
jamproduce 【ワイ..
at 2011-05-08 03:27
JAMproduce ジャム..
at 2011-04-14 01:59

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧